田植え日和

今日は、3年くらい前から「一度やってみたい!」と思っていたことを、体験することができました!
年に一度のこの行事、去年まではなかなか都合がつかなくて、毎年、残念な思いをしていました。
でもやっと今年、念願叶って体験することができました♪
・・・念願叶って満面の笑みなのは・・・私だけ?(汗)
夫や娘は、いつもの如く無理矢理、私に連れてこられただけ・・・かも(汗)


それは、いつきのみや歴史体験館主催の古代米の田植えです。
3年くらい前、米について調べていたことがあり、そのときから、一度、古代米作りに関わってみたいと思っていました。

こどもたちはもちろん、私も田植えをするのは初めて!
どろどろの土に素足を踏み入れたときには、キャ~!って感じでした(笑)
足の指の間を、もにょもにょ~と泥が動き、なんともいえない感触でした。

↓腰につけたバケツからちょこっと苗を取り(左)、チュックッと植えます(右)
f0008692_21263213.jpgf0008692_21265618.jpg










↓植え終わりました~♪
f0008692_2131531.jpg

まぁまぁ、揃ってますね(笑)
9月の収穫が楽しみです♪

今年の長女の自由研究は、この古代米の観察にしようと思っています。
収穫までに、何度もここを訪れて、成長の記録を取っていこうと思います。





↓田植えの後、昨年収穫した古代米入りのご飯をいただきました♪
f0008692_2134221.jpg

濃い赤紫色で少し細長いのが黒米。
今年にピッタリ(?)のピンクゴールドのような色で、少しふっくらしているのが赤米。
赤米の色は、すっごくキレイです!
ツヤツヤピカピカのピンクゴールドなんです☆
食べるのがもったいなかったです(笑)







いつきのみや歴史体験館は、史跡斎宮跡にあります。
↓史跡斎宮跡はこんな感じです。写真右は10分の1史跡模型です。
f0008692_21581332.jpgf0008692_21583818.jpg










斎宮については・・・書き出すと長~くなりそうですので、割愛させていただきます(笑)
また、機会があれば、思い切って書いてみたいと思います。


↓最後に一首・・・
f0008692_22152760.jpg
わが背子を
大和へ遣ると
さ夜深けて 
暁露に
わが立ち濡れし

万葉集巻二・一〇五



この歌碑↑は、斎宮跡地の中にある斎王の森にあり、万葉集巻二・一〇五の歌が刻まれています。
この歌の作者は、制度上最初の斎王さんで、私の愛する人の姉上でもあります。
薄幸の姉弟・・・辛い光景が目に浮かびます(涙)


今年もまた、何度も斎宮に行って、古代にタイムスリップしてこようと思います☆
[PR]

by semamama | 2007-05-12 22:57 | おでかけ(近場)