<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いよいよ

夏休みも終盤です。
毎年恒例・・・こどもたちの宿題の追い込みシーズンでございます(汗)

遅まきながら本日、自由研究に取り掛かりました・・・

長女は、家で育てている古代米バケツ稲を題材に
「古代米作り」というテーマで、古代米の観察記録を模造紙にまとめます。
やっと今日、表題(1枚)と「はじめに(動機)」(2枚)が出来上がりました。
f0008692_21464461.jpg











明日から猛ダッシュで「準備物」「観察記録」「結果・まとめ・反省」と書き進めます☆

が、実はうちのバケツ古代稲、だいぶ穂は実ってきたのですが、まだ、たわわ~とまではいかないのです・・・。
なんとか夏休み中に収穫して食べて
「自分で育てた古代米の味は格別でした♪」
みたいにまとめたいんですけどね~。
・・・って、誰の宿題や!(笑)

いやいや、今年は(!)なるべく親が口出しせず、こどもの言葉で書くように・・・と気を付けていますので!
最後まで、なるべく私はお口チャックで(笑)

頑張れ!長女☆
[PR]

by semamama | 2007-08-27 22:00 | 家族

合格しました♪

昨日は、4年前から目標にしてきた、ある試験の日でした。
この試験を受けるにあたり、3年前から少しずつ準備を進めてきました。
そのわりには勉強がはかどらず、どうなることかと思いましたが、おかげさまで合格しました♪

準備は勉強だけでなく、もちろん風水も使いに使って(笑)
まずは未来日記、そしてお願い風水、それからジュエリー風水、そして旅行風水などなど。

そのおかげで、自分ではどうにもならないことまで上手く事が運び、難なく、いとも簡単にクリア出来てしまった感じです・・・。
こんなにもあっさり、苦労せずに夢が叶ってしまってもいいのだろうか?と、思うくらい・・・。
やっぱり風水ってスゴイですね☆


本当は、この試験が受けたい!と思い立ったときに、即受験したかったのですが、家族のことを考えると、とてもじゃないけど、そんなことは出来ませんでした。
そして4年前、いつだったら受けられるだろう?と考えた結果、子どもたちもそこそこ大きくなってきて、私の帰りが少し遅くなっても大丈夫だろうという時期は、4年後だ!と思い、そのとき今年に目標を定めました。

今思うと、そのとき4年後に目標を定めたことにも意味があったようです。
(もちろんそのときは、そんなこと全く意識していませんでしたが・・・。)

それは、試験問題が今年からガラッと変わったことです。
昨年までの試験問題は、なんやかんやと細かくて、勉強するにも、どこから手を着けて良いのかわからない状態でした。
どれだけ勉強しても追いつかない~と半泣きでした。

でも、今年の募集要項の試験問題様式を見てびっくり☆
いくつもあった問題が二問に激減。
それに、去年まであった語学の試験がなくなってる・・・。

信じられないくらいハードルが低くなっていて、もうビックリ。
これを知ったときに「よし!受かった!」と思いましたね~(笑)
そして、私ってやっぱり運が良い~♪今までの風水生活にバンザイ!
幽竹先生バンザ~イ!って(笑)


夢列車に乗るための合格チケットが、今、本当に手に入ったと思うと、なんか不思議な気持ちです☆


時々フッと「今の穏やかな生活も悪くない」と思うときがあります。
「悪くない」というより、心にも体にも負担が無く「これこそが幸せなのかも」と思うときもあります。
そんな生活を自ら変えようとするのは、なぜなんだろう?と自問しながらも、自分が思い描いた夢の青写真が次々と現実になっていくのを体感すると、もうこのまま進むしかない!と思えくるんですよね~(笑)
さて、私は夢列車に乗って、どこの駅まで行くのでしょうか?!

このまま突き進んで万が一上手くいかなかったとしても、自分には家庭というすべてを受け入れてくれる場所があるし・・・とか、逃げ道も作りつつ~(笑)
でも、その家庭こそが、いつも私に前進する勇気を与えてくれいるんですよね。


この試験に合格したことで、今のお気楽生活も来年の3月で終わることになりました。
来年の4月からは新しい世界に身を置きます。
不安もありますが、楽しみでもあります♪
次の夢も叶うように、引き続き風水を実践しなければ!(笑)

試験の合格を願掛けしていたジェードとアベンチュリンには
さっそくパワースポットの土の中でお休みしてもらっています。
(雲隠れされないうちに・・・笑)
本当にい~っぱいパワーをもらいました。
感謝の気持ちでいっぱいです☆
ゆっくりお休みしてもらった後には、またまた活躍してくれることを願って♪

勉強するときにいつも身に着けていたタイガースアイ
試験の時にもしっかりサポートしてくれました♪
勉強仲間のタイガースアイくん、これからもずっ~と仲良しでいてね☆

そうそう、あっちこっちの神社にもお礼参りに行かなくちゃ!です(笑)
まずは、伊勢神宮へ!
来週中に行ってきま~す♪

以上、合格報告でした☆
[PR]

by semamama | 2007-08-25 18:13 | 風水

大切な日☆

今日は、大切な日でした。
今年一番の目標だった、ある試験の日だったのです。
しかし、ブログを見れば分かっていただけると思いますが、ぜんっぜん勉強してなくて・・・。
一応、一週間くらい前からは、ちょこちょことしましたが、受験勉強らしい勉強もせず、受験してしまいました。

午前中は記述試験、午後は口頭試問でした。
口頭試問では、考えの浅いところをズバリ突かれました~。
先生方は、私の知識の無さに呆れたことでしょう・・・。



結果は如何に?!
合格発表は明日です☆



何となく落ち着かないときは、占い頼み~☆
♪8月24日の私の運勢♪

☆人間関係から、思いがけない幸運を得ることができそうな日です。
実現したい夢や希望があるなら、たとえその実現が無理に思えたとしても、断念するときではないでしょう。できるだけ多くの人と会うようにしてみましょう。
出会った相手が初対面なら、なおラッキーです。
紹介してもらえそうな場所には、遠慮せず積極的に行ってみましょう。
特に、将来、芸術方面での成功を思い描いているあなたには、よき先生や指導者となる人物が現れるでしょう。 (エキサイト星占い)

☆前途洋々。長いこと待っていたことが、やっと訪れます。
現状の不満は解消され、思った以上の成果があなたに返ってくるでしょう。
欲しかったものを人から受け取ったり、見当違いの努力をしていたことに気づいたりして、新しいことが始まります。
あとは前途洋々、希望に満ちた未来があなたを待っています。(エキサイトタロット)

☆仕事に意欲的で上昇志向が高まり、予想以上にがんばれます。
仕事もおもしろく、思考力や企画力もさえ、大飛躍が期待できる時期。
仕事の正確さを第一に、誠意をもって全力投球して高い地位を狙いましょう。
金運は安定しています。財テクは長期的展望で取り組むと良い時期。
一時払い養老保険や抵当証券など、増やせる見込みのある商品を研究しましょう。
その方面に関心がなければ、語学や資格試験など自分の才能に投資しましょう。
(アメーバ星占い)

☆素敵な出会いからツキも!社交的に活動。
目上の人の後押しが。エネルギッシュに行動。(iチャンネル星占い)

☆人生の中で、こんなチャンスは二度と来ません。一気に勝負!(Dr.kopa)


今日が占い通りの日だといいな♪




※この件に関する風水効果は、明日、結果を確認してからご報告させていただきますね※
[PR]

by semamama | 2007-08-24 21:33 | 習い事

ヤマトタケルを巡る旅

鈴鹿は、ヤマトタケル終焉の地である。

12代景行天皇の次男である小碓命は、熊曾を平定し(ヤマトタケルという名は、このとき熊曾兄弟の弟からもらった)出雲を平定し、やっとヤマトへ戻ってきたと思ったら、父・景行天皇に「次は東国を平定してこい」と言われ、「あまりにもひどいやないか・・・父上はボクなんか死ねばいいと思っておられるのか・・・」と叔母・倭姫命に泣きつく。
(ヤマトタケルは荒々しいことを平気でやってのける青年で、父景行天皇はこの我が子に恐れをなし、あちこちに征伐に行かせた。)
が、父の命令とあらば、いくら嫌でも行かねばなるまい、東国に・・・
そこで、ヤマトタケルを気の毒に思った叔母・倭姫は草薙の剣と火打ち石を持たせてやった。


ヤマトタケルは、東国に行く道中尾張で婚約したり(地方豪族が朝廷に服従したこということ)、叔母・倭姫からもらった草薙の剣や火打ち石で窮地をしのいだり(焼津の地名説話)、后オトタチバナヒメが人身御供になって入水したりなどの事件を経て関東まで行かれ、各地を平定して尾張まで戻ってこられた。

東国へ行く道で婚約したミヤズヒメは、尾張の女であった。
ヤマトタケルは再会したミヤズヒメに
「結婚しようと思ったのに、月のものとは~・・・」
ミヤズヒメは
「長い間あなたを待っていたんやから、月のものがくるのも当たり前やないの~」
と、歌を詠み合うが、結局結婚なさった。
(月経中の女性は神に召された身であるので、接触は禁忌とされていたが、その女性と結婚したヤマトタケルは神として存在していることになる・・・とどこぞに書いてあった。神に召された身とは?・・・黒不浄は死、赤不浄は血と言われる。赤不浄は血のことだが、出血が多量だと死に至る。よって、赤不浄も死を忌み嫌っての不浄だといえる。出血が多いと死に至るのに、女性は月に一度多量の血を流すが、全く命に別状なくピンピンしている。これはおかしい。これは、女性の体には神の力が宿っているとしか思えない。神の力が身の中に宿っているからこそ、こんなに血を流しても元気でいられるのだろう。その神が宿っている女性と接触できるのは神でしかない。ということ・・・か?すみません、あくまでも「・・・か?」ですので(笑)


その後ヤマトタケルは、草薙の剣をミヤズヒメの元に置いて、伊吹の山の神を討ち取りにお出かけになった。
ヤマトタケルは「この伊吹の山の神は素手で討ち取ってやろう。」と仰せられ、その山にお上りになったときに大きな白い猪が出会われた。
そのときヤマトタケルは
「この白い猪は、神の使いであろう。今殺さずとも帰り道で殺してやろう。」
と言挙げなさった。
すると、山の神は大氷雨を降らせて、ヤマトタケルを困惑させ申した。
(神や天皇に言挙げするのは禁忌であった。実は、この山の神の使いであろうと思われた白い猪は、神の正身であったのに、ヤマトタケルは言挙げしてしまったので、困惑させられたのである。先ほどは、ヤマトタケル自身も神として登場していたのに、あっという間に青人草になってしまったような・・・。そういえば「やまとは神ながら言挙げせぬ国・・・」という歌が万葉集だったか何だったかにあったように思います。我が国は神の思し召しのままに栄える国だから、あえて人の言霊が生きてしまわないように言挙げはしないのだ・・・というような意味だったと思いますが・・・。ヤマトタケルの言挙げとはちょっと意味が違いますが、言霊信仰としては同じですね。私なんて、言挙げしまくりなんですけど~♪とか思ったりして(笑)

そして、ヤマトタケルは山からお下りになり玉倉部の清泉(居寤の清泉)でお休みになったときに、次第に正気に戻られた。
そしてそこを出発され、当芸野を通ってもう少し行くと、大変お疲れになり、御杖をついてそろそろとお歩きになった。
そこを名付けて杖衝坂という。




と、杖衝坂という名前が出てきたところでやっと、今日の本題に入ります~(笑)

先日「ヤマトタケルを巡る旅」というバス旅行に参加してきました。
ヤマトタケルを巡るといっても、家の周辺を回るだけで、特に旅行という感じではなかったんですけどね(笑)
でも、行きたいと思っていても、なかなか自分一人では行けない場所ばかりだったので、連れていってもらえてよかったです♪
ということで、ヤマトタケル縁の地や、ヤマトタケルの墓では?という白鳥塚伝承地を巡ってきました。
(ヤマトタケルの話は、実は杖衝坂の後からがクライマックスで、かの有名な「やまとはくにのまほろば・・・」という歌などがでてくるのですが
今回は杖衝坂以降の話は省略させていただきます~)



さて、バス旅行の最初の目的地は杖衝坂でした。
写真で見ると大したことない坂に見えますが、登ってみると結構きついです。
↓杖衝坂の碑と杖衝坂
f0008692_13194848.jpgf0008692_1320644.jpg

伊吹山の神にやられたヤマトタケルの足では、相当辛かったに違いありません(涙)







↓血塚社・・・杖衝坂の上の方にあります。
f0008692_1320449.jpg

ヤマトタケルがケガをして、血が出ている足を洗ったといわれる場所。







杖衝坂の次は、加佐登神社・白鳥塚古墳へ。ここには前にも来たことがあります。一人で(笑)
↓加佐登神社
f0008692_13231613.jpgf0008692_13233852.jpg
御祭神はヤマトタケル。ここにヤマトタケルの傘と杖が収められているそうな。


境内にヤマトタケル像がありましたが、小柄でヒゲぼうぼうの爺さん顔。
そんなんありえるかぁ!ヤマトタケルは30歳で亡くなったはずやぞ!
ということで、写真は撮らず。プンプン。っていうか、いつ見ても軽くショック・・・。
英雄像がぁ・・・(涙)


↓白鳥塚古墳。ホタテ貝型。
f0008692_1325793.jpgf0008692_13252399.jpg







加佐登神社の側にある、明るい感じの古墳です。
本居宣長はここをヤマトタケルの墓の第一候補にしています。
が、私的には、なんとなくここはヤマトタケルの墓ではないような気がします・・・。




次は長瀬神社と武備塚へ。
↓長瀬神社。御祭神はヤマトタケル。延々と歩いて本殿に向かう・・・
f0008692_13282945.jpgf0008692_13295462.jpg










この神社、三叉路の思いっきりサツの位置にあります。
ええんか~?!と思いながら、三叉路の真っ直ぐな参道を歩いていくと、参道の突き当たりにあったのは、拝殿の中の丸い鏡でした。
この丸い鏡が、よろしくない気をガツンと跳ね返しているのかな?と思いました。
そして、この鏡が置かれている拝殿の後ろに、伊勢神宮と同じ様式の正宮が構えられていました。



↓武備塚。長瀬神社の側。
f0008692_14191229.jpg

何がなんだかわかりませんが、この向こうに古墳があります。
亀山藩はここをヤマトタケルの墓としていたようです。






次は、能褒野神社と能褒野陵。ここも前に来たことがあります。一人で(笑)
初めて来たときは、びっくりしました。ここの古墳は、キマしたね~。ググッと。
ヤマトタケルの墓はやっぱりここじゃないの?って思いました。
↓能褒野神社と能褒野陵。
f0008692_14161513.jpgf0008692_14163366.jpg








f0008692_14164890.jpg
御祭神は、ヤマトタケル。
この周りにはいくつもの倍塚(陵に埋葬された主人に関わる人や物が葬られた場所)があります。
連理の榊もあります。





↓ググッときた能褒野墓
f0008692_2215124.jpg

しっかり管理されています。
柵を越えて中に入ろうものなら、管理人さんが飛んできて、えらい怒られるらしいです・・・



明治政府は北西地区最大の前方後円墳であるここをヤマトタケルの墓としたようです。
延喜式に「能褒野墓 日本武尊 在伊勢国鈴鹿郡・・・」と書かれています。
だからといって「能褒野という地名のこここそがヤマトタケルの墓だ!」と思うのは間違いです。
能褒野というのは、「広い野原」という意味を持つようです。
しかもここの古墳は、北西地区で一番大きい前方後円墳だから英雄ヤマトタケルの墓に相応しいと見なされ、あとから「そうだ!ここを能褒野墓にしよう!」ということで、ここの地名が能褒野になっただけのことなのですって。
長瀬神社の住所も亀山市何とか何とか字能褒野だそうですしね~。
能褒野という地名もあちこちにあるようです。
ということは、やっぱり私の感もあてにならない・・・???ってことですね。




次は、忍山神社へ。
↓忍山神社
f0008692_1429659.jpgf0008692_1430165.jpg










ヤマトタケルの后オトタチバナヒメは、ここの神主さんの娘さんだったそうです。
ヤマトタケルとオトタチバナヒメ縁の神社ですね♪
と言いたいところですが、なんと!御祭神は、猿田彦神が筆頭。
続いて、天照大御神、天児屋根命・・・そして、須佐之男命や大穴牟遅神まで・・・
幅広い信仰があったのですね、この土地は・・・。
で、なんで、ヤマトタケルやオトタチバナヒメが御祭神じゃないんだろうか?
・・・聞きそびれた。



次は王塚へ。ここもヤマトタケルの墓の候補地の一つ。小ぶりな前方後円墳。
f0008692_14334398.jpg

石碑の後ろが王塚です。
全く管理されていないので、古墳に登れます。
・・・登りました・・・。



この辺りは、明治時代には94基の古墳が確認されていたそうですが、昭和45年には、十数基しか確認出来なくなってしまったそうです。



この王塚見学を最後に、「ヤマトタケルを巡る旅」が終わりました。

この日巡った場所以外にも、白鳥塚伝承地=ヤマトタケルの墓候補はたくさんあります。
はてさて、ヤマトタケルはどこで眠っておられるのでしょうかね~?
謎は深まるばかり・・・のプチ旅行でした。





※上の方にちょこっと書いた古事記のストーリーは、私流超端折り意訳です。部分的に解説したところも私流なので、間違っているところが多々あると思います。ということで、どうかそっくりそのまま信じていただきませんようにお願いいたします(笑)
っていうか、ここは明らかに違うやろ!という箇所があったら是非教えてください~!
どうぞよろしくお願いいたします♪
[PR]

by semamama | 2007-08-21 15:14 | おでかけ(近場)

ピザ

長女が「ピザ、食べたい~」と言ったので、久しぶりにピザを焼きました♪

f0008692_1716537.jpgピザといえば丸い形ですが、我が家では、いつも生地を天板いっぱいに四角く伸ばします♪

生地に練り込む水は、白山比咩神社のお水で☆
生地を発酵させている間に、ピザソースを作り、トッピングするものを準備。
次女が育てたプチトマトもトッピング!

発酵が終わったら、後は生地を伸ばして、具を乗せて、焼くだけです。
ピザって、生地の味以外は、あまり当たりはずれがないので安心なんですよね~(笑)

f0008692_1728790.jpg





では、カットして、いただきま~す♪
[PR]

by semamama | 2007-08-14 17:30 | 食べ物

夏休みの北旅行!

8月9日から2泊3日で、友人家族と一緒に北旅行してきました♪
我が家から北というと・・・北陸です☆



8月9日は、朝7時に家を出て、昼頃石川県の近江町市場に到着。
市場内にある「山さん」というお店でお昼ご飯を食べました。(8月9日携帯投稿参照)
先月末、職員旅行で北陸にいった夫が、このお店に連れていってもらい、ここの海鮮丼に感激して、「家族にも食べさせたい」と思ったようで、今回の家族旅行でもこのお店に行くことになりました♪
しかし、すごい海鮮丼でした!すごーくおいしかったです☆



そのあと、市場でバーベキュー用の魚介類を買って、宿泊地へ。
この日は、休暇村能登千里浜でキャンプです。
テントを張って、バーベキューをして・・・とお父さんたちは大活躍!

休暇村は、安くて設備がよくて温泉もあるので、キャンプをするにはお勧めです♪
テントから歩いて5分くらいで海に行けるし、テントサイトも、一区画が広いのでいろんな遊びができます。

昼間はかなり暑かったですが、夜はすごく涼しくて、心地よく寝られました。



8月10日は、朝から、またお父さんたちが、朝食を作ってくれて、1日が始まりました。

キャンプ場を後にして向かったのは、ルネスかなざわ
この日は、午前11時くらいから午後4時くらいまで、延々とルネスかなざわのプールにいました・・・

実は、私、水着を持っていってなかったのです。
プールには行っても、自分は入らずプールサイドにいるつもりだったので・・・でも、やっぱり私もプールに入らないといけないような感じになってしまい、やむをえず水着を購入・・・。
それにしても、水着って・・・高い・・・
こんなことなら、前もってネットでお得な水着を買っておけば良かったです(涙)

夕方、ルネスかなざわを後にして、この日の宿泊地に移動。
この日は、山中温泉・河鹿荘ロイヤルホテルに宿泊です。
ホテルに沿って川が流れていて、とても素敵でした。





8月11日は、まず白山比咩神社に参拝。
↓白山比咩神社本殿
f0008692_1582450.jpg

3年ぶりに参拝しました。
この日参拝できたことに感謝☆






↓白山比咩神社上空
f0008692_242899.jpg雲のカタチがかわいかったので思わず写真を撮りました♪
何のカタチかよくわかりませんが、なんとなくかわいいでしょ(笑)

参拝後、お水取りをしました。
そのお水でご飯を炊いたり、お味噌汁を作ったり、お茶を入れたり、普通にゴクゴク飲んだり・・・と、ありがたいお水を大切に使わせてもらっています。





白山比咩神社を後にして、次はスーパー林道を通って、白川方面へ。
↓スーパー林道から見た景色
f0008692_2102910.jpg
この写真は「ふくべの大滝」です。
すっごくキレイだったのですが、カメラマンの腕が悪いので・・・
はっきりしない写真で申し訳ないです・・・
他にもいくつも滝があり、絶景スポットもたくさんありました。
自然ってすごい!と感激しました☆





↓スーパー林道の上空
f0008692_2112180.jpg

またまた、雲のカタチが可愛かったので写真を撮ってみました♪
この雲も、なんとなく可愛いでしょ(笑)








スーパー林道を抜け、次は白川郷へ!

f0008692_2175614.jpg

←この橋を渡って、合掌造りの集落へ。
観たかったんですよね~!合掌造り☆











↓合掌造りの家
f0008692_2183461.jpg
大自然の中に建つ合掌造りの家。
とても美しい風景でした。

さすが世界遺産!
感激☆




そして、3日間の旅の余韻に浸りつつ、帰路に着きました。



楽しかった北旅行♪
北の運気、いっぱい吸収できました☆
さて、どんなふうに効果が現れるのか、楽しみに待つことにします♪
[PR]

by semamama | 2007-08-13 02:37 | おでかけ(北)

北へ!

今朝7時に家を出て、ファミリーで北陸にやってきました(^O^)
ランチは、近江町市場の中にあるお寿司屋さんで、ゴージャスな海鮮丼を食べました♪
↓海鮮丼と次女が食べたいくら丼
f0008692_016662.jpgf0008692_0162225.jpg











今日は、休暇村能登千里浜でキャンプで~す(o^-^o)
[PR]

by semamama | 2007-08-09 18:38 | おでかけ(北)

ビーズの半襟

5日の夕方、家族四人で浴衣を着て、近所のお祭りに行って来ました。
せっかくみんなが浴衣を着て、女性陣は髪の毛もかわいく結ったのに、写真撮るのを忘れました・・・(涙)


和箪笥から浴衣を出したついでに、、夏物の長襦袢も出してきて、先日買ったビーズの半襟を付けました。

f0008692_018299.jpg
この襟は夏物ではないようなのですが、ビーズがひんやりして気持ちよさそうなので、夏物に付けてみました。
着付けの先生にも、夏物に付けてよいかどうか聞いてみたら
「いいんじゃない~」とのことでしたので・・・


しかし夏物って、今年はもう、あと25日くらいしか着る期間がないんですけど・・・(汗)
さて、夏物の着物を着て、どこへ行きましょうか・・・
[PR]

by semamama | 2007-08-06 00:30 | お気に入り