地震

11日の昼頃、いつもお世話になっている先生に
資料の出来を見てもらおうと思って
「先生、今日は、学校にみえますか?」
と、電話しました。

そしたら、先生は
「あ~、今、仙台というところに居るんです。
今日中には帰ります。」
と、おっしゃいました。

私は
「そうですか。ではまた明日、お願いいたします。」
と、言って、電話を切りました。


それから約3時間後、大変なことが起こりました。

午後3時過ぎに先生にメールをしましたが
返信は来ず、電話をしても通じず。

夜になって、ようやく連絡がつき
ご無事であることがわかりました。

その連絡がつくまでの気持ちと言ったら
今までに経験したことのない気持ちでした。


その地震は、三重県にも及んでおり
伊勢にいた私は気付かなかったのですが
子どもたちは「ゆら~と変な感じがした」
と言っておりました。

我が家は、目の前が海です。
当然、津波警報が発令され
小学校からは「下校を見合わせている」
というメールがあり、私も一刻も早く家に帰らないと!
と思い、帰路に着いたのですが
近鉄電車も運転を見合わせていて、帰るに帰れず・・・。

でも、思ったより早く運転が再開されたので
夕方には家に帰り着くことができました。



そのようなこともあったため
今回の地震は、とても身近に感じます。

ニュースでその被害の甚大さが明らかになるたびに
本当に恐ろしく辛く悲しくなります。




どうか、皆さまが無事でいらっしゃいますように。
[PR]

by semamama | 2011-03-12 23:50 | 日常