旅行計画♪

昨日、我が家の女子三人で
ハングル文字の勉強をしました!
(お父さんはスキー中・・・)

ハングル文字は、母音と子音が組み合わさって
できているのですね。
「ローマ字みたい!おもしろ~い!」
とみんなで楽しく学びました♪

ただ、ハングル文字が読み書きできるようになっても
単語を知らなければ意味がないので
単語も少しずつ覚えていきたいと思います!


今年は、14年ぶりに海外へ行こうと計画中☆
その第1弾として、まずは韓国へ!と思っているんです~♪

なぜ韓国かと言いますと
ヨン様LOVEだから♪
というのもありますが(笑)
他にも理由がありまして
少ない日数で行って帰ってこれる!
韓国コスメを買いまくりたい!
韓国料理も食べたい!
天然石の印鑑も作りたい!
そして何より
もっと朝鮮半島の歴史に迫りたい!
と思うからです。

朝鮮半島の歴史全般に興味がありますが
その中でも今は特に、朝鮮半島の文字表記に
興味があります♪

ハングル文字が使われる前は
漢字が使われていた朝鮮半島。

朝鮮半島の人々は、中国から入ってきた漢文を
自国の言語に合うよう少し変えて使ったようです。

わが国にも漢文が入ってきましたが
それは、中国の純漢文ではなく
朝鮮半島を経由して入ってきた
いわゆる変体漢文といわれるものです。

遣隋使や遣唐使でも知られるように
わが国も中国との交渉はありましたが
それよりも、断然、朝鮮半島の国々との
交渉の方が密でした。

高句麗の王を讃える碑「広開土王碑」の表記と
わが国の古代木簡の表記が似ていることも
頷けます。

さて、その「広開土王碑」ですが
昔は朝鮮半島北部の高句麗にあったのですが
今その土地は、中国の吉林省になっており
見に行くには中国へ行かないといけません・・・
が、とにかく「広開土王碑」を見に行きたい!
めっちゃ見たい!この目で実物を見たい!

と一人で盛り上がっていたところ・・・

去年、NHKで「日本と朝鮮半島」という番組がありまして
その番組の中で、広開土王をモデルにした「太王四神記」という
ドラマがあることを知りました。
そして、その主役「広開土王」役がヨン様だったと言うわけです!

「太王四神記」はフィクションであるとうたわれていましたが
「広開土王碑」に記載されている事象も多かれ少なかれ
踏まえて作ってあるだろうと思ったので、DVDを借りて見てみました。

これがですね、ストーリーも面白く
ヨン様もめちゃくちゃ素敵で
歴史的事象はさておき
はまってしまったんですよね~♪(笑)


韓国へ行ったからって
すご~く見たい「広開土王碑」を
見られるわけではないのですが
とにかく朝鮮半島に渡ってみて
その歴史をもっと深く理解し
何かを感じてきたいと思います!


ということで、来週、パスポートの申請に行ってきま~す♪


第1弾☆韓国行きでは、留守番組の子どもたち。
せっかくハングル文字を覚え始めたのに・・・(苦笑)
今年中に、子どもたちも韓国へ連れて行ってあげたいな♪
もちろん、お父さんも(笑)
[PR]

by semamama | 2010-01-13 00:14 | 日常