学校でのこと

学友の一人が、有吉佐和子の「恍惚の人」で論文を書いています。
今日は、その論文を叩き台にして皆でいろいろ話しました。
「恍惚の人」の内容や、彼女の論文の主旨はさておき
院生それぞれ(20代~60代男女)の老人介護における問題の
認識の違いに愕然とし、はらわた煮えくりかえりました。

確かに、現在の老人介護福祉に関しては
「恍惚の人」が書かれた時代よりは
表面的にはだいぶましになっていると思いますが
根本的にはほとんど変わっていないのでは?と思います。
そう思える発言が、今日の話し合い中でも聞かれました。

私自身嫁ですから、嫁の立場に肩入れしすぎている
ということもあるとは思いますが。

家族が互いに思いやり、協力し合い、安心して
老人介護に取り組める社会になりますように☆
[PR]

by semamama | 2009-11-17 23:21 | 習い事